読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

2穴パンチ

No.830

机のセットがほぼ終わったので、次に書類の整理をはじめることにした。会社で仕事のときは部下に口うるさく書類を整理するようにいってはいたが、ボク自身家ではほとんど何もせず、カミさんがかろうじて重要な書類のみをしまっておいていてくれるくらいで、ボクのモノがおいてある棚は、つねにモノが散乱している状態である。

 

紙の2穴ファイルは昨日買ってきておいたので、まず必要な書類をファイリングしようとしたが、家にまともなパンチがないことに気がついた。会社と同じつもりでそこまで考えていなかったが、コレは結構重大な問題である。

 

ボクはもともとパンチに結構なこだわりがあって、もう10数年間、おなじタイプのものを使ってきている。異動した職場にその型式のパンチがないと、無理をいって買ってもらうくらいであった。

 

ボクのお気に入りのパンチは、PULS社製のNo.830というモデル。52枚までOKというパワフルな性能に加え、用紙のサイズに合わせた精巧なガイドがついている。このガイドがついているパンチは他にもたくさんあるが、この830の特徴的なところは、ガイドがスチール製で、サイズを合わせる溝も深くきられていて、ガイドがズレたりガタついたりしないことである。

f:id:VAN415:20160414165650j:plain

ボクの元同僚たちも、このパンチは結構気に入っていてくれて、他のパンチがあっても見向きもしない状況であった。

 

フォース1/2

近所の文房具量販店をのぞいてみたが、やはり830はおいていなかった。家に帰ってネットを調べてみると、アマゾンなどで売られてはいた。どうしても早く欲しかったので近所で直接購入できるところはないか探したが、やはりなさそうである。

 

ネットで買うかどうするか、迷いながらPULS社のHPをながめていると、新製品のフォース1/2というパンチがでていた。よく見てみると、ガイドが830と同じようにスチール製ではないか。その上、穴をあけるときに必要な力が従来製品の1/2というパワーアシストメカニズムを搭載しているという。

f:id:VAN415:20160414161408j:plain

サイズは全部で3種類あって、一度にあけられる用紙の枚数が52枚、30枚、16枚となっている。30枚以上のモデルの説明には、「部署に一台」などと共用をすすめている。これを見てボクは、自分が買おうとしてた830は共用前提のモデルであり、家のデスクで1人で使うには大きすぎると、初めて気がついたのである。

 

そう気がつくと、フォース1/2のいちばん小さなモデルが、机の引き出しにも入ってかつ、ボクのコダワリであるスチール製のガイドもついているので、これであれば近所の文房具店にもある可能性が出てきて、どうしてもこれが欲しくなってきた。

 

結局、近所の文房具店をまわって3件目でゲット。使い心地はというと、スチールのガイドは、多少ぐらつくものの、溝はしっかりと切られていて、ガイドは意識的にサイズを変えようと動かさない限り、ずれないようになっている。このパンチはこれからのお気に入りのモデルになりそうだ。

f:id:VAN415:20160414161418j:plain