IVYおじさん日記

50代前半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、次のキャリアに向けた活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

失業給付

求職申し込み

先週8日(金)に離職票が届いた。保険証同様、このスピード感には感謝である。何十名もの社員が一度に退職し、それも年末年始をはさんでの事務作業である。お礼を送りたいくらいだ。

 

本来ならすぐにでもハローワークへ行きたいところではあるが、前回の経験から受給手続きに行った曜日が、次回以降の失業認定日(ハローワークへ出向かなければならない日)になるとわかっていたので、昨日の木曜日に行ってきた。

 

会社から離職票と一緒に送られてきたリーフレットには、求職登録をネットで事前に仮登録するように書かれていた。自宅のPCで登録すること約20分。結構なボリュームである。経歴、保有能力や自己PRなどをテキストで入力する項目もあり、事前に自宅のPCで行う方がいい。

 

kyushoku.hellowork.mhlw.go.jp

 

仮登録をしていないと、ハローワークでの受付後、手書きまたは所内のPCで入力することになる。

 

受給手続き

8時半からの開庁ということで、はやめに出かけたら、8時前についてしまった。案内の看板などを探したが見当たらず、「⑥失業認定」とあったので、4階まで登ると、立て看板とイスがあった。一番乗りである。

 

外で待たされるかと覚悟していたので、ホッとひと安心。5年前のときは同じくらいの時間帯でも2~30人の列ができていたので、地域性の違いかと自分を納得させた。

 

8時半になって係の人が来て「失業認定の方、どうぞ」。それ以外の案内がないので、はじめての来所だと尋ねると、1階の総合案内で手続きとのこと。あわてて行ってみてもう一度、案内の看板や掲示がないかよく見たがまったくなし。やはり「職安」である。

 

f:id:VAN415:20210114164538j:plain

 

求職活動

コロナで混んでいるという話だったが、出遅れたにも関わらず、手続きは約1時間で完了。本来であれば、当日に行われる講習会や雇用保険説明会などは、すべてオンラインに切り替わっていて後で見ておくようにとのことであった。

 

自宅に帰って説明の動画を40分ほど見たが、これはよくできていた。前回ハローワークの職員がやったライブの説明より、何十倍もわかりやすかった。声はきちんと聞こえるし、ポイントも押さえて構成されている。コロナでなくともずっとこの方式にすべきである。

 

youtu.be

 

ちなみにこの動画、失業給付の受給手続きに関する基本的なことをすべて網羅しているので、企業の退職説明担当者は必見である。人事部門の若手で受給手続きを経験した人は少数派だと思うので、これは担当者の教材としても秀逸である。

 

さて、次回の失業認定日までに2回以上の求職活動をしなければならない。本来であれば、前述の雇用保険説明会が1回にカウントされたと記憶しているが、動画では見たかどうかの確認がとれないのか、カウントされないらしい。

 

さっそくハローワークセミナーを探してみたが、コロナのせいか回数も今月は3回と少なく、すでに予約でいっぱいである。県の労働局による外部委託セミナーを見つけて電話をしたが、それも月内はすべて満員で2月はじめにようやく予約することができた。次回失業認定日が2月4日なのでギリギリである。

 

東京しごとセンター

もう1回分は、神奈川が望み薄なので東京都を探し回ってみた。すると、都の指定管理事業という「東京しごとセンター」というページを見つけた。よく調べてみると、都民でなくても都内に職を探していれば誰でも利用でき、セミナーも求職活動実績にカウントされるとのこと。

 

真っ暗なトンネルの先にひと筋の希望のひかりが見えた気がした。ただしこのセンターを利用するには、まず登録をしたうえでキャリアカウンセラーによるカウンセリングを受けねばならず、初回は2時間程度かかるという。

 

飯田橋まで行って2時間も時間をかけるくらいなら、近所のハローワークで職業相談した方がいいかとあきらめかけていたが、よく見ると初回手続きもカウンセリングもオンラインでOKと小さく書いてあった。コロナのために追加したのかもしれない。

 

www.tokyoshigoto.jp

 

この「東京しごとセンター」、ボクは今回はじめて知ったのだが、なかなかよくできている。ハローワークと違って、都が大手の人材ビジネス企業に委託していて、レベルも高くメニューも年齢層ごとに分けてあるなど、キャリア検討の実情にフィットしたものとなっている。

 

しかもセミナーのメニューがとても充実していて、就職にすぐに役立つメニューから、失業期間中にキャリアアップのためのスキルアップ自己啓発までできるようなラインナップなのである。首都圏で転職活動をする人は、一度のぞいてみる価値はありそうだ。

 

オンラインでの登録からカウンセリングの予約まで2日ほどかかるとのことなので、まずは連絡が来ることを待つこととしよう。

会社の目的

定款に定める「会社の目的」

会社設立にあたってもっとも基本となるのは定款である。これは会社そのものを定義するルールのいちばんおおもとである。国の法律でいえば憲法のようなものと思えばイメージしやすい。

 

この定款をつくるにあたって、いちばん悩むのはやはり会社の目的だろう。この内容によって会社ができる事業活動が定義されるのである。

 

ボクら人事屋さんは「会社の目的」などというとすぐに、組織開発の視点から経営理念や社是を思い浮かべる。それはそれで非常に重要なのであるが、定款に定める目的も別な意味でとても重要だ。

 

よく「定款にはあとからなんでもできるように可能性のある事業はすべて盛り込むべし」なんて聞くことがあるが、要注意である。

 

無事登記が完了し、次は法人名義の銀行口座を開設となるが、近ごろは犯罪の温床になるらしく、法人名義の口座開設にはかなり厳しい審査があるそうだ。

 

なかでも定款は必須の提出書類であり、その中に記載されている「目的」が、あれもこれもと多岐にわたっていると、何の事業で稼いでいきたいのかが分からず、執拗に質問されたり、場合によっては怪しまれて審査が通らない可能性もあるというのだ。

 

シンプルかつ将来の発展性も踏まえて目的を考えていかなければならない。

 

f:id:VAN415:20210113184438j:plain

 

半日考えて

参考書にある要件の適法性、営利性、明確性を踏まえ、将来思わず成長することを期待しつつ、ボクなりに目的をまとめてみた。

 

  1. 人事コンサルタント
  2. 労務管理コンサルタント
  3. 人事労務管理に関する事務、作業の請負業務
  4. インターネットを利用した各種情報提供サービス
  5. セミナー、研修会の企画、運営
  6. 印刷・出版物の企画、制作
  7. 前各号に附帯または関連する一切の業務

 

とまあこんな感じである。人事のコンサルと労務管理のコンサルがいったいどう、なにが違うのか?と突っ込まれそうではあるが、そこはボクのこだわりである。

 

ボクは30年近い人事畑経験の中で、半分くらいは労務畑を歩いてきた。なので自分では得意領域ではあるものの、あまり前向きな仕事ではないことが多いので、どちらかといえば人事の方が好みだ。

 

これから世の中が大きく変わっていく中で、これまでの日本式労務管理を中心とした人事部門では経営者の要求に応えていくのは難しいと思う。経営目標が達成されるための人事でありたいと考えて目的の書き方にもこだわり、あえてわけることにしたのだ。

税理士との打合せ

Zoomミーティング

さて、起業するための準備も着々と進めている。昨年末会社をつくると決心したときに、まずは参考書ということで、Amazonで一番評判のいい本を買って読んだ。

 

 

この本には起業までのやるべきことが主に手続きベースで書かれており、とてもまとまっていて、まずは手始めに一冊というにはちょうどいい内容であった。とくにチェックリストがついていてコピーして使用せよとなっており、これは使い勝手がよい。

 

しかし、やはり本だけでは疑問もたくさん出てくるので、先輩の話も聴くことにした。20年近い付き合いの飲み友達だが、10年以上も前に起業していて、順調に経営をしている。昨年は郊外に戸建てを購入し、公私ともにハッピーな感じである。

 

彼から聴いた情報のうち、いちばんありがたかったのでは、税理士さんを紹介していただいたことだ。イマドキ、フリーランス仕事の請負はネットでたくさん探せるものの、業態や規模、人間性も含め、フィット感が重要なのはいうまでもない。そこは信頼できる友人の紹介に勝るものはない。

 

昨日、さっそく紹介いただいた税理士さんと初回の打ち合わせをした。問い合わせのメールフォームに友人から紹介された旨と現在の状況、お願いしたいことをA4一枚程度にまとめて送ったところ、30分もせずに返事が来た。

 

金曜日の夕方に打診をして、三連休をはさんで今日初打合せとなった。このレスポンスとスピード感はボクの波長とぴったりだ。こういうところは一緒にビジネスをやっていくうえでとても重要だ。

 

「訪問しての打合せも可能」とあったが、そこはこの状況下、Zoomでお願いすることにした。これもスピードアップの一因である。昔なら「最初くらいは…」となりそうなところだが、コロナでお互いの価値観が変わったひとつだろう。

 

f:id:VAN415:20160706155701j:plain

 

専門性の高さ

打合せは順調にすすんだ。友人からは、クラウドの会計ソフトを使って伝票処理は自分でやって、税務顧問+決算申告という内容で以前の丸投げのときより1/5のコストになったと理解していたのだが、よくよく話を聴いてみると、丸投げでもコストは変わらないとのこと。

 

税理士さんいわく、自分でやりたい方は慣れるまで一緒に付き添って進めるのが、フリーランスのような小規模の場合、起票の件数もそんなにないので、自分でやってしまった方が効率的なのだそうだ。なんとなくうなずける話だ。すぐに方針転換して丸投げさせてもらうことにした。

 

事前に参考書などで勉強して自分なりにプランを立てていたものを見てもらい、また質問事項も事前に用意しておいた。とくに参考になったところは以下の点だった。

 

  • (税理士から)会社設立するということだが、売り上げの見通しは?

⇒世の中的には法人税より個人所得の方が節税できるといわれているが、会社からお金を引き出すには配当などの手段となり、その部分への課税もバカにならないので、ザックリおススメは売上1千万円以上の場合に会社設立を選択すべき

 

  • ネット銀行を考えているが、銀行口座はどこに?

⇒ネット銀行で問題なし。ただし、社会保険料の引き落としに対応していたい場合が多い(ボクが考えている銀行もそうだった)ので、もう一つ近くの信金に口座をつくることをおススメする。信金は金融機関のなかでいちばん会社名義の口座が作りやすい

 

  • 事業年度はどのように設定すればいいか?

⇒消費税が2期目課税になる条件はあるものの、基本的には消費税免除の期間をできるだけ長くとった方がいいので、会社設立から11ケ月経過後の月末にすべき

 

とまあ、こんな具合である。やはり餅は餅屋ではないが、会計や税務の分野は専門家にアドバイスをもらって本業に専念して、顧客への価値創造に全力を向けるのがいいようである。

iDeCo

スターターキット

前職では、確定拠出型年金制度があった。1962年に法制化された適格退職年金制度の廃止を受けて、2001年から新たにスタートした制度であり、その名のとおり、従業員の退職後に年金を受け取るために、会社が毎月決まった掛け金を積み立てていくものである。

 

それに対して従来の適格退職年金制度の受け皿として、確定給付年金制度も同時にスタートした。こちらは逆に年金として受け取る金額があらかじめ決められていて、将来支払うその金額に見合った掛け金の積み立てと運用を会社が責任をもって行うものである。

 

確定拠出年金はDC(Defined Contribution Plan)、確定給付年金はDB(Defined Benefit Plan)と呼ばれる。新たにスタートしたDCは、従業員自らが投資商品を組み合わせ運用する仕組みで、運用次第では会社が積み立てた掛け金が増減するという、従業員が運用責任をもつ仕組みだ。

 

いま述べた以外にもメリットがあって、DCがある会社間の転職であれば、積み立てた残高は引き継ぐことができ、基本的に勤続年数が長くなればなるほど支給率が大きくなるDBにくらべ、転職によるデメリットが少なく、雇用の流動化を促すという面もある。

 

DCはさらに制度がない会社や自営になっても、個人で引き続き積み立てることができる。この仕組みは iDeCo といい、その掛け金は全額社会保険料控除として直接控除(金額がそのまま控除額となる)されるので、節税対策として非常に有効な選択肢の一つである。

 

当然ボクも個人型に残高を移管しつつ、引き続き積み立てることとし、金融機関に頼んで資料を送ってもらった。送られてきたのは、前職に入社してDCに加入したときと同じ分量のスターターキットであった。

 

f:id:VAN415:20210111150616j:plain

 

投資商品

スターターキットは厚さ3~4cm程度の資料なので、当然読む気も起らない。ボクは投資には興味もほとんどないし、完全な素人である。

 

しかし、前回投資商品の組み合わせを決めたときには、当然なんらかの意思決定をしているはずなので、まずは、現状の組み合わせを確認してみることに。

 

投資商品は大きく、元本確保の有無で2つにわかれる。つまり積んだ掛け金が保証されるかされないかだ。確保ありは預金や保険などである。確保なしは投資信託と呼ばれるもので、株式と債券がそれぞれ国内、先進国、新興国と分かれており、その組み合わせでリスクとリターンなど性格が決まる。

 

前回ボクは、各投資市場のベンチマークに連動して株式、債券を組み合わせて運用する商品で、株式の割合が少ない、どちらかといえばローリスク、ローリターンをねらう投資信託2つを選んでいた。

 

2年半後の運用成績が利回り約3%だったので、まずはこの考え方でよしとし、同じような商品を選ぶこととした。ただし、前職に入ってからの5年近くは、まったく運用実績を確認していなかったので、今後はマメにチェックし、投資対象を見極めていかなけらばならない、と反省した。

 

f:id:VAN415:20210111152929j:plain

 

商品を選んだら、必要事項を移管届と加入届の2枚の用紙に記入し、自分で選んだ金融機関に送って完了である。ただし、この移管は、退職日から5ケ月以内に完了する必要があるので、注意したい。

 

これで、退職後の To Do リストを一つ消し込むことができた。はやく全部終わらせてスッキリしたいものである。

保険証が届いた!

2営業日目

昨日の昼前、健保から書留で「保険証」が届いた。年末年始の休み明け2営業日目である。なんとすばらしいことであろう!

 

1月5日に健保から任意継続の保険料納付書が届いたことは、このブログに書いた。ボクは保険証を1日も早く手に入れるために、納付書を受け取ってから1時間後に保険料を振り込み、その旨をメールで伝えた。

 

あとから調べてみたら、会社は12月30日~1月5日まで休みだった。また特定記録郵便の発送記録を調べてみたら、1月4日発送されていた。また、振り込みをした旨のメールへの返信が6日に健保からあった。

 

それらのことを考えると、今回の納付書は、年末年始の休み前にあらかじめ準備をしておき、4日に投函し、会社が始まる前日の5日に退職者に届くようにし、最速でその日のうちに振り込みを済ませれば、会社が始まる6日に入金を確認して、保険証を発送することができる、とシミュレーションしたのではないだろうか。

 

保険証は、「速達」の簡易書留で送られてきた。290円の料金が上乗せされるが、保険証の到着を待つこちらとしては、とてもありがたい心遣いだ。

 

結果として保険証をその日以降しばらく使うことがなくても、である。

 

f:id:VAN415:20210107154737j:plain

 

顧客の課題解決を手伝う

「自分の仕事への関係あるなしにかかわらず、お客さまの困りごとの解決をお手伝いすること」これはずいぶん昔、どこで読んだかは忘れたが、現在の横浜市長の林文子さんが、日本のBMWディーラーでトップセールスになったときに話されていたことだ。

 

ボクは、このスタンスこそが仕事の本質だと考え、それ以降つねにこの言葉を頭において仕事に取り組んできた。

 

顧客と相対している営業などの現場では、お客さんの顔が見えるので、自分の仕事の意味や価値をつかみやすいが、ボクが長年働いてきたバックオフィスの仕事は、とかく顧客の顔が見えにくく、自組織維持のための手段の目的化が横行しがちである。

 

健保はどうしても法律という枠の中で仕事をせざるを得ない場面が多い職場だ。そういう環境に慣れてしまうと、官僚的になりがちで、できない理由を並べたがる。いままでもそういう場面をたくさん見てきていた。

 

それだけに、今回の保険証送付の対応はいい意味で思いっきり期待を裏切られたといっていい。

 

今回ボクが退職したのは、会社の早期退職支援制度によるものであり、同じ日付で数十人もの社員がいっぺんに辞めているのである。それだけに今回の対応は称賛に値すると思う。

 

ボクもこの姿勢を忘れずにいたいものである。

 

初商談

段取り八分

ボクの仕事における信条ともいうべきものの一つとして、「段取り八分」って言葉がある。ご存じのとおりなにごとも計画をしっかりつくれば、ことの八割は完了ってことである。

なので、若いころからなにか仕事に取り組むときは、なにはさておきまずは計画づくりから手を付けている。会社に入って最初に担当したのが給与計算であり、毎月の支給日は変えられないのと、他のメンバーとの共同作業なので、計画づくりは必須だったのだ。

今回の起業に際し考えたことは、なるべくサービスの間口を広げられるよう、ある程度資格も取っておくということだった。独立して仕事をすることは、前回の転職時にキャリアプランとして描いていて、前職在職中にすでに2つの資格を取ることができた。

もうひとつの資格を取るのに、次回の試験がある6~8月から逆算して、勉強のスケジュールも入れつつ、会社設立の手続きを埋めていった。

やはり書いてみると時間はありそうで、そんなに余裕はないことが見える化できたし、手続きの前後関係も整理できた。

これで、やるべきことは整理できたので、この計画表にしたがい行動し、できたタスクを塗りつぶしてゆくだけである。

 

f:id:VAN415:20210106183025j:plain

ごあいさつ

今回起業をするにあたって考えたのは、基本的にセールス活動はせず、紹介で仕事を受けることにしようと考えた。バックオフィス一筋30年のボクが、セールスやってうまくいくわけはない。それよりも自身が提供する付加価値の最大化を目指すことにしたのだ。

なので、できるだけたくさんの友人、知人に事業内容を知ってもらい、なんかの拍子に「そういえば…」というのを、最初の一歩にしようと考え、ごあいさつ方々みなさんにお伝えすることにした。

このブログもそうだが、その前段として、時期もちょうどよかったので、年賀状に「会社辞めて人事コンサルします!」って書いて送ったり、SNSでつながっている方には、年賀状を添付し送ってお伝えした。

みなさんからは返信をいただき、たくさんの応援メッセージをいただいた。そんなやり取りの中で、SNSで相談をくれた方がいた。

その方がいうには、「数十人規模の会社で、給与計算などを頼んでいる会社に労務案件の相談を契約しているものの、うまく機能していないのだが、いつ開業するのか?」という内容であった。

ボクはすぐさま「契約もフィーもなしで、とりあえずお試しとしてお話だけ聴かせてもらえないか」と返事をし、打合せをさせていただくことになった。初商談である。

商談とはいっても、売るものなどなにもないので、ただひたすらにお話をしてくれる会社の困りごとを聴いて、ボクにできることを考え、提案していくだけなのだが。

まさかこんなに早く相談がくるとは正直考えてもみなかった。やはり世の中は人と人とのつながりなのだということをあらためて感じた3日目だった。

任意継続被保険者

サラリーマンのありがたさ

会社を退職してまずなくなるものといえば、社会保険である。会社勤めのときは、ボクのような人事部門のメンバーでもない限り、会社が社会保険料の半分以上を支払ってくれているなどと認識している人は少数派であろう。

社会保険とは、一般的に健康保険、介護保険、厚生年金、労働保険(雇用、労災)を総称していう。健保や年金、雇用といった保険はなじみがあると思うが、それでも毎月給料日になると、なんでこんなに引かれるのかといった悪のイメージである。

実はこの社会保険、最低でも会社が半分、労災などは全額を会社が保険料を裏で支払っているのある。つまり毎月の健康保険料が2万5千円だった場合、同じ額を会社が合わせて健保に払っているのだ。

なので、会社を辞めると最低限、健保、介護、年金の各保険料は全額われわれ自身が支払わなければならないのである。サラリーマンとはなんと恵まれているのだと痛感させられる瞬間である。

  

f:id:VAN415:20210105183009j:plain

健康保険の任意継続

会社を辞めた後、別の会社に入り直さない場合、健保の選択肢は2つ。ひとつは国民健康保険に入るか、もしくは退職前の健保に引き続き「任意継続被保険者」という資格で残るかである。

健保の任意継続は、国保にくらべて保険料が割高ではあるものの、基本的に退職前健保の給付内容や保険事業などを同じレベルで受けられる。

ただし、前述のとおり在職時には会社が支払ってくれていた会社負担分の保険料もあわせて支払うことになる。単純にいってしまうと倍になるイメージだ。

ただ、ここにはちょっとしたカラクリがあって、在職時と任意継続時の保険料の決め方が違っている。

ザックリいうと、在職時の健康保険料は月の給料にリンクしている。基本は毎年4~6月の給料の平均支給額を料率表に当てはめ、その後1年間の保険料を決めていく。健保は、保険料テーブルの上限が139万円まで定められているので、高い給料をもらっている人はそれに比例して保険料も高くなる。

一方、任意継続の場合、支払われる給料がないわけなので、健保組合全員の平均が適用される。つまり会社負担分を払うものの、給料が高い人に関しては、保険料が下がるので、イッキに倍とまではいかないようにできている。ボクの場合、9ランク下がっていた。(それでも負担額は在職時より増えたけど)

 

f:id:VAN415:20210105183013j:plain

1月5日着

昨日家で仕事をしていると、健保から特定記録郵便が速達で届いた。松の内があけないこんな早いタイミングでなにかと思って封を開けると、なんと任意継続の保険料の納付書であった。このタイミングでの到着というのには、正直恐れ入った。おそらく保険料振り込みの期限が1月18日だからであろう。

任意継続最大のポイントとして挙げられることは、加入はあくまでわれわれ元健保組合員の任意なので、健保としてはルール違反をするような輩は加入させなくても許される。たとえば期限までに保険料を納めないような場合、一発退場である。

また、新しい保険証も最初の月の保険料の振り込みを確認しないと発行してもらえないのである。資格は退職日の翌日にさかのぼって適用はされるものの、コロナの緊急事態宣言といった物騒な話題がニュースをにぎわせ、基礎疾患持ちのボクの場合、保険証がないと落ち着いてブログも書いていられない。

さっそく郵便が到着してから1時間も経たないうちにネットで振り込みを完了させ、かつ健保の事務長あてにメールで振込完了の連絡と保険証発行よろしく!と送った。納付書のスピード感で保険証が届くことを期待したい。