読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

洋服との出会い

洋服のことをあれこれ考えていたら、ボクが洋服に興味を持ったときのことを思い出した。


ボクは中学2年までは、変型学生服にあこがれる普通の中学生だった。コワイ先輩の目を気にしながら、ボンタンや短ランなどの学生服を学校に着て行っては満足していた。当然、私服もその延長線上で、ヤンキーチックな安物の洋服なんかを身につけて喜んでいた。


中学も3年生になり、部活も卒業したころから、夏期講習や塾など学校外へ私服で出かけることが多くなった。おかしな学生服を着て目立ちたい年ごろである。当然私服でも目立ちたいのだが、そうした他の学校の生徒などが集まるところに行くと、どうも自分の服装がなんとなくイケテない気がしていた。

f:id:VAN415:20160729160649j:plain

そんなとき、ボクの小学校からの幼なじみのFと駅前へ買い物に行くことになった。中学3年生の冬である。ボクの前にあらわれたFは、ボタンダウンシャツにチノパン、クルーネックセーターにダッフルコートという、完璧なIVYファッションに身をつつんでいた。


その大人びた感じと、今まで見たことのない洋服にボクは完全に打ちのめされた。一緒に歩く自分の姿がなんともいえず、幼く感じられて早く家に帰りたいとだけ考えていた。そんなことを考えながらも、Fの身につけている洋服にはものすごく興味がある。


いつものように会話しながら、すこしずつ聞き出していくと、IVYというファッションでいま流行りらしいということはわかった。さらにポパイ、ホットドッグプレスなどという雑誌にいろいろ特集などが載っているらしい。


その日、Fと別れるとすぐに本屋へ飛んでいき、ホットドックプレスのIVY特集号を買った。受験勉強の最中ながら、その雑誌を食い入るように毎日ながめ、洋服の名前を一つひとつ覚えていった。しかし値段を見ると今まではいていたジーパンの何倍もの値段である。第一、どこで売っているのかもまったくわからない。

f:id:VAN415:20160729160841j:plain

そんな毎日を過ごしながら、母親と一緒にダイエーに行って、雑誌に載っていたモノと似ているチェックのボタンダウンシャツなんかを買ってもらい、学ランの中に着てはひそかに満足していた。


その後、Fといろいろ話をするうちにわかったのだが、Fには三つ年上の姉がいる。女子高生の姉が弟のFにいろいろと情報を教えたり、洋服を買ってきてくれるのだそうだ。どうりで大人っぽいはずである。このときほど、長男であったことをうらんだことはなかったように思う。


受験もあり、中学生の財力では結局なんのアイテムも買えず、カタログのかわりにメンズクラブやホットドックプレスなどを、穴のあくほどながめて勉強する毎日であった。

 

あのIVYファッションをはじめて見たときの衝撃は忘れられない。それまで悶々となにかカッコのいい洋服はないものかとジタバタしていたときに、それまで悩んでいたすべてに対する答えのようにボクの前にあらわれたのである。あの感動がいまだにボクを洋服に向かわせてくれるように思う。