読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

卒業証明書

新しい会社への提出書類に卒業証明書または卒業証書の写しというものがあった。最終学歴の確認のためのものであろうが、大学の卒業証書など自宅にあるはずもなく、ガラクタでてんこ盛りになっている実家を探す気力もない。幸い卒業した大学は近所にあるので、卒業証明書をもらうことにした。

 

HPで確認すると、本人が出向けばすぐに発行してもらえるようだ。夏休み中の営業時間は問い合わせをするようにとなっていたので電話をすると、すぐに発行してもらえるとのこと。

 

いつこられるかと問われ、いまから出向くと伝えると、待たせることのないように準備しておくとのことで、氏名、学籍番号、生年月日、学部学科を確認される。さすがに学籍番号は覚えていなかったが、それ以外の情報で大丈夫であった。

 

早速クルマで10分ほどの母校へ向かう。考えてみると卒業以来、一度も訪れたことがなく、25年ぶりのキャンパスであった。

f:id:VAN415:20160819124856j:plain

校舎は卒業後、2~3棟の建て増しがあったものの、ほぼ卒業当時のままであった。街中のこじんまりとしたキャンパスには、10数棟ほどの建物がひしめいていた。敷地内に入ってみたものの、通っていた当時の記憶はほとんどなく、どの建物が何号棟なのかもよくわからない。入口に掲示されたいた校内の見取り図を頼りに教務課のある建屋に向かった。

 

教務課の入り口に自動発券機があり、そこに手数料200円を入れて、申請書を購入する。発行された申請書に必要事項を記入して、窓口に持って行くと、すでに証明書は準備してあり、本人確認のための身分証明書の提示を求められた。確認が済むと証明書を手渡された。ものの1~2分程度の所要時間であった。

 

キャンパスは、夏休みということもあり、学生の姿はちらほらといった感じであった。キャンパス内を歩いてみたものの、当時の記憶はほとんどよみがえってこない。やはり、バイトばかりに精を出して、学校にはテスト時期以外ほとんど通わなかったので、当然といえば当然である。

 

それにしても母校、教務課スタッフの方々への対応は、すごく親切でていねいであった。いままでどちらかというと、学校などの事務方に対しては、あまりいい印象を持っていなかった。そのような根拠のないイメージを持っていたことを反省しつつ、25年ぶりの母校を後にした。

 

さて、明日からは前職での勤続25年夫婦旅行のかわりに、家族でアンコールワットまで4泊5日の旅に出かける。旅行券が渡されたのが退職の5日前だったため、行くことができず無効になってしまった。しかしカミさんが前々からとても楽しみにしていたので、働き始める前に行くことにした。これから準備をはじめるとしよう。