IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

音楽メディア -CDから逃れられない-

山下達郎のラジオ番組を6年ほど前から毎週録音している。彼のアルバムFOR YOUは、中学のときにはじめてであったニューミュージックで、世の中にこんなカッコイイ音楽があるのかと思わせるほど感動したものであった。それ以来、彼の音楽はボクの生活とともにあり、ラジオ番組も東京FMではじまった頃からずっと聞いている。

 

はじめは聞き逃したときのためにはじめたエアチェックであったが、別段整理するわけでもなく、HDDにためっぱなしであった。会社を辞めてクルマに乗っている時間が増えたせいか、積んである音楽にも飽きてきていた。そこで、彼のラジオ番組「サンデーソングブック」をクルマのHDDに録音して楽しもうかと思いついたのであった。

 

来月からは、また単身赴任生活がスタートし、毎週自宅と社宅、片道3時間弱の道のりをクルマで往復しなければならない。サンソンはオールディーズの百科事典的番組でもあり、かかる曲そのものも鑑賞するレベルにあるし、ラジオ番組なので達郎さんの語りが入るので、クルマで長距離を走るときのBGMとしては、退屈しないのがありがたい。

www.tatsuro.co.jp

早速、CD-Rの50枚セットを購入し、HDDにためてあった番組を録音する。放送1回分60分を録音するのに約15分程度。せっかくCD-Rにするので、プリンターでFOR YOUのジャケットをプリントし、タイトルも入れてみた。

 

今度はこれをクルマのHDDに録音するのだが、こちらも1枚10分強の時間がかかった。仕方がないので、休みの日にドライブがてら、助手席のカミさんにCD-Rの束を持たせ、入れ替えながら1日がかりで読み込むことに。

 

読み込んでみると、タイトルや曲名などCD-Rの情報は読み込めず、あとからHDDへ手入力が必要。まあこれは想定の範囲内だったが、しかしもっと大きなトラブル発生。なんとCD-Rのうち、3割くらいが前に読み込んだCD-Rと同じもの?と認識して録音されないのである。その割合はだんだん大きくなり、最後の方には5割以上が録音されなかった。

f:id:VAN415:20160812152352j:plain

自宅に戻ってナビについてネットで調べたが、原因はよくわからない。こういうときは原点回帰、ナビの取扱説明書をひっくりかえしてみる。そこにも録音できない原因は書いていなかったが、新たな発見もあった。どうもipodをUSB接続すると、クルマのHDDに録音したのと同じように使えるというのである。なんと!これに早く気付いていれば、CD-Rを焼いたり、それをクルマのHDDに読み込ませたりという手間が一気に省け、PCでipodに番組を入れるだけである。

 

翌日にipodを買いに行くことにして、まずはSONYウォークマン用のアプリ“Xアプリ”に入れてある番組を“iTunes”に取り込む作業を行うことにした。こういった作業は世の中のみなさんが困っているようで、ネットで検索するとすぐに見つかる。

 

ウォークマンのフォーマットは、“oma”というもので、iTunesで取り込むためには“MP3”形式に変換しなければならないそうだ。変換の方法はさまざまな種類があるがどれも面倒そうである。いろいろ調べていくうちに、たどりついたのが、SONYの“Media Go”というフリーソフトで変換できるということ。

f:id:VAN415:20160812152514j:plain

なんと“Media Go”はXperiaに音楽を入れるのにいつも使っているものではないか。早速開いてみると、フォーマット変換のメニューがある。しかしそれ以上にうれしかったのは、トリミングのツールもある。ラジオ番組のとりっぱなしファイルなので、前後の余計なCMなども入っている。これで、番組だけのスッキリしたファイルにすることができる。

 

操作はいたって簡単。“Media Go”で、番組のファイルを選択し、聞き流しながら任意のポイントでボタンを押すだけ。微調整のメニューもあり、メモリ単位で切りだしポイントを調整できる。

f:id:VAN415:20160812152814j:plain

トリミングポイントを設定したあと、変換後のファイル種類を選択し、実行するだけ。30分ぶんのファイルが約60秒程度で変換される。トリミングを行うので、ファイル一つひとつ作業しなければならないが、変換だけであれば、複数のファイルを選択し、イッキにできる。

 

そうやって事前に作業をしていたのだが、ボクはファイルに書き出したタイトルや情報がナビのモニタにどのように現れるのかを、確認したかった。全部作業してしまってから修正するのはできれば避けたい。

f:id:VAN415:20160812152859j:plain

そう考えながら作業していると、ボクはipadをもっていることに気が付いた。これって、ipodと同じようなアプリで動いているのでは?これで試してみればいいのでは!そうひらめいて、うれしくなってカミさんに「早く気付けばよかった」というと、カミさんが「私が前に使っていたiPhone使えるんじゃないの?」とひとこと。

 

そうである。6に乗り換える前の端末が、そのまま家に眠っているではないか。結局、無事番組をiTunesに移行し、iPhoneに入れ、クルマのナビでHDDと同じような操作感で聞くことができた。

f:id:VAN415:20160812153115j:plain

それにしてもわれながらここまで頭が固くなっているとは。デジタルデータになっているラジオ番組なのである。CD-Rなどといわず、はじめから使わなくなったiPhoneをHDDレコーダー代わりに使えないか?という思考回路はまったく作動しなかった。

 

ボクが物心ついてからというもの、レコード→カセット→CD→MD→HDDレコーダー→スマホと音楽を楽しむためのメディアはめまぐるしく変遷してきた。こう考えると、情けないながらも仕方がないかと、カミさんと二人で大笑いしたのであった。