IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

住宅探し -その2-

手持ちの物件はなくなった。ここ一週間ほどネットで沿線を検索しているが、他に見たい物件は出てきていない。カミさんと昼メシを食べながら、重苦しい雰囲気がただよう。「ホントだったら、午前中にあの物件決めて、午後はどこ観光しようかと思っていたのに…」正直な気持ちだろう。

 

こうなったら条件を変えてみることにした。今までは駅徒歩圏内で探していたが、内見した物件のとなりの駅は、新幹線も止る大きな駅である。さすがに一戸建てで徒歩圏内はむずかしいが、バスが結構走っているので、バス停の近くであればそんなに少なくはないはずだ。

 

駅近くにこだわるのは、東京の本社への出張が結構な頻度でありそうだからであり、とはいっても出張が毎日あるわけではない。1~2週間ごとの出張であれば、バスを使うのはそれほど苦にならない。

f:id:VAN415:20160809135920j:plain

駅からバス利用に条件を広げてみると、築年数5年以下でも20件ほどの物件がヒットした。すかさずカミさんに気に入った物件がないか見てもらう。今回の引っ越しにケチがついたと落ち込んでいるので、とにかくカミさんに気に入ってもらうことが最優先である。

 

物件にひととおり目を通すと、「これしかない!」と迷わず一つの物件を選んだ。駅からバス14分。Google mapで見てみると、駅から3㎞くらいの距離である。バス停も近くにありそうなので、早速取扱い不動産会社に電話をかけた。ここも大手チェーン店M社である。

 

電話をすると内見OKとのことだったので、早速事務所へ向かう。物件の説明を受けると、お盆休み明けに内見の予約が一件入っているそうだが、押さえているわけではないので、その前に申し込んでもらえれば大丈夫とのこと。早速、内見へ向うことに。

f:id:VAN415:20160809135952j:plain

「ご案内するクルマを事務所の前に回してきますので、お掛けになってお待ちください」ちょっとカトパン似の女性が、クルマを準備して戻ってきたのは5分後のことである。今度は受付で説明してくれた担当者が内見も案内してくれる。

 

ボディの側面に会社のロゴの入った社有車で、車内もきちんと清掃されていて、エアコンもしっかり効いている。カミさんと顔を見合わせ、ようやく世間標準のサービスが受けられたと、なんでもないことが妙にうれしく思える。

 

クルマで10分程度走ると、閑静な住宅街にある一戸建てに到着した。この物件は土地持ちのオーナーが賃貸を目的として建てたものだそうだが、築年数が新しいだけあって、設備なども賃貸とは思えないほど、しっかりしている。

f:id:VAN415:20160809140018j:plain

エコキュートオール電化で、17畳のリビングダイニングには大きな蓄熱暖房もセットされていた。施工がミサワホームだけあって、什器備品やつくりなど、奇をてらったところがなく、いい雰囲気である。

 

カミさんもボクも、内見する前から資料を見て、契約する気満々できていたこともあり、駅からの距離感や周囲の環境も問題なかったので、即OKということに。

 

家賃はねらっていた物件より8千円高かったが、家のセンスや設備は間違いなくこちらの方が上であり、新幹線停車駅のある市街地で利便性も高いそうであり、結果としては、こちらの物件を選んで正解であった。

f:id:VAN415:20160809140212j:plain

行き返りのクルマの中でも、担当者はいろいろ情報提供をしてくれたり、段差を越えるときにはゆれますと一言かけてくれたりと、いうなれば営業パーソンとして普通の対応なのだが、午前中がひどかっただけに、とてもいい印象に写ってしまう。

 

今までたくさんの不動産会社を通じて家を借りてきたが、特段なにもなかったので、どこの不動産会社かも覚えていない。しかし今回は、いい会社とダメな会社がしっかりとインプイットされた。家を借りることはもうないかもしれないが、貸すことはありそうだ。しっかりと不動産会社をしっかり見極めていく必要がありそうだ。