読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

市場競争

最近スマホの調子が悪くなってきたので、保証を使って端末を交換することにした。電池残量が60%くらいから一気になくなって電源が落ちてしまうのである。普段であれば、カミさんと連絡とるくらいなので別段気にならないが、今は大事な就活中である。大切な電話を取り損ねないように、ドコモショップに向かった。

 

ボクの使っているXPERIAは、バッテリー内蔵型で交換するには修理扱いで預けなければならない。代替機を借りるのもおっくうだったので、保証を使って交換をお願いすることにした。

 

以前にも同じ症状で相談に行ったときには、まだ2年経っていないので大丈夫といわれ、バッテリー節約方法を指導されたのだが、そのときに保証を使っての交換という選択肢があると聞いていたので、今回は迷わず交換をお願した。説明を聞いていくと交換してくれる端末は新品ではなく、リビルト品とのこと。

f:id:VAN415:20160705171321j:plain

世の中そんなウマい話はないと思いつつ、保証といっておきながらリビルト品でも5千円も手数料がかかるってことは、すっかり頭から抜けてしまっていた。手数料も含めたときには、新品の端末って選択肢も検討すればよかったと思いつつ、昨日はドコモショップを後にした。

 

端末は今日届くという。修理や交換の際には、予約が取れるとのことで、今日の16時に予約を入れた。「明日は、予約が結構入っていますので、もしかするとお待たせするかもしれません」といわれていたので、ipadと文庫本抱えてお店に到着。

 

気長に待つ覚悟でいると、予約時刻前にも関わらず、店員さんが端末を預かっていった。今日はずいぶんと段取りがいいなと、ipadでブログの下書きを書きはじめると、すぐに窓口へ呼ばれた。まだ16時前である。

 

「SDカードの読み込みしていきますか?」とたずねられ、お願いすると、昨日手続きをしているときに、SDカードにバックアップとっていたので、googleアカウントでログインして、カードからデータを読み込んで終了。そしてなんとLINEのアプリを入れて、アカウントの引き継ぎがされているかも、確認してくれた。

f:id:VAN415:20160705171358j:plain

いつもの待たされ感やガラ携時代の機種変更から比べると、あっけにとられるくらいの段取りのよさと速さである。やはり技術は進歩しているし、いつも待たされて段取りが悪く見えるのも、イライラしながら待っているからで、実は接客の質もカイゼンされているのかもしれない。

 

まあ、ドコモの優位性は規制緩和とともにどんどん低くなってきているので、それはカイゼンにも力が入るはずであるし、それが健全な市場競争である。今日は健全な市場競争の恩恵を十分に感じていい気分で帰ってきたのであった。

 

さて、晩酌しながらアプリのインストールを地道にやろう。