IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

男の服装術 -その1- ボタンダウンシャツ

今日は先日のマストアイテムに引き続き、男性の服装術について考えてみたい。

 

ボクが思うに男性の服装術(ファッションやおしゃれではない)を身につける際に、ベースとなるのはIVYの基本コーディネイトであり、それを押さえた上で、好みやTPOに合わせて組み合わせを変化させていくことで、幅が広がりかつ、外さない服装を効率的に身につけることができると考えている。なのでIVYのマストアイテムに沿って、まずは基本的なコーディネイトを紹介してく。

f:id:VAN415:20160624165452j:plain

 

ボタンダウンシャツ

IVYのマストアイテムの中でも一番にくるもの。このシャツを見てIVYやトラッドを連想される方も多いはず。近年クールビズでも襟元がスッキリして見えるということで見直されている。特徴はなんといっても襟先にボタンがついていること。マストディテールとしては、コットン100%でオックスフォードというざっくりとした風合いの織り方の生地。本場IVYリーガーは学生さんなので、このシャツにアイロンなどかけずに洗いざらしで着るのがよしとされる。色はブルーか白がメジャーであるが、これも本場では白はドレッシーな場面で着用するものとされていて、あまり好まれない。

f:id:VAN415:20160624165530j:plain

 

コットンパンツ

ボタンダウンシャツとくれば、ボトムはやはりコットンパンツ。オーセンティックなものは、パイプドステムと呼ばれるヒップの下から裾口までほとんど直線的に下りたストレートシルエットで、腰の後側にはバックストラップ(尾錠)がつく。色はカーキやオフホワイトがメジャーだが、白や紺も結構好まれる。パンツの裾は4㎝のダブルがバリバリとされていたが、イマドキはシングルでも問題ない。

f:id:VAN415:20160624165619j:plain

 

ローファー

ボタンダウンにコットンパンツとくれば、足元はお決まりのローファーである。若い世代には女子高生ギャルの定番シューズのように認識されているが、もともとはIVYのマストアイテム。甲の部分に1セント硬貨(ペニー)を挟むのが本場で流行っていたので、ペニーローファーともいう。色は茶か黒がメジャーだが、カジュアルさを強めにしたいときは、茶がおススメ。

f:id:VAN415:20160624165654j:plain

 

ソックス

コットンパンツに合わせるソックスといったら、やはりスポーツ用のクルーソックスの相性がいい。色も童心に帰ったつもりで白を履くとよりさわやかさが強調される。間違ってもイマドキのスニーカーソックスは合わせないこと。リゾート以外ですねを見せるのは、ジェントルマンとしては失格とされる。

 

まずは、このようなコーデを完成させた後、例えば雨の日はウインドブレーカーを羽織ったり、レストランで食事のときはブレザーを合わせるなど、また公園に行くときは、テニス用のスニーカーに履き替えたりと、これを軸にしてかなり広いTPOをカバーできる。

 

このような基本コーデを数パターンおさえ、ひねりとして活用形のアイテムを追加していくだけで、組み合わせはどんどん広がっていくのである。