読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

就職情報サイト

昨日から今日にかけて、職務経歴書を書き上げた。といっても今まで支援会社から3回くらいガイダンスを受けて、キャリアの分析などの棚卸しをしてきているので、エッセンスをどのようにまとめるかが主な作業であった。

 

朝一番、支援会社に送ると、添削をして連絡をくれるという。いやはや至れり尽くせりのサービスである。まあ、ボクのような、仕事で応募書類と向き合っていた人々ではない人をターゲットにしているのだと考えると、納得もいくが。

 

人材紹介会社へは、支援会社経由で紹介依頼が届くことになっている。ヘッドハンティング会社ともコンタクトを取った。次のアクションとして、就職情報サイトへ応募情報を登録し、求人案件を見てみることにする。

f:id:VAN415:20160614152637j:plain

今回登録したのは、最近時TVCMなどを積極的に打ったり、バナー広告でも年収2千万円以上のハイクラス求人案件をうたったりと、何かと話題性のある就職情報サイトが気になっていたので、まずはここに登録することにした。

 

FBのバナーをクリックすると、メールアドレスとパスワードを入力し、そして現在の年収を選ぶようになっている。そして利用規約に同意すると、基本情報の入力画面に遷移する。ここでは氏名、性別、生年月日、居住地域、などの基本的な情報と、勤務していた会社名や職種、それらの経験年数、そして最終学歴や詳細な年収情報などを入力してく。画面は1~2項目ごとに遷移してくタイプで、使い勝手はいい。

 

ここまでの基本情報を入力すると、登録完了となる。すると職務経歴書を入力しませんかとたずねてくる。画面には職務経歴書を入力した9割近くの利用者がスカウトなどからオファーを受け取っているのだと書いてある。

 

わざわざ書き込むのであれば、すぐにはできないのでやめるところだが、既に職務経歴書を作成しているので、それをコピペする程度であれば、と入力開始。一般的な職務経歴書のひとマスごとに、開始、終了年月を選択して、経歴自体はコピペし、あとは文章の体裁を整えればOKだ。その他の希望職種内容など、必要な情報をすべて入力しても、30分とかからなかった。

 

このサイトは、転職希望者からも課金するオプションがあって、オプションなしだと、ヘッドハンターからのオファーメールを受け取りと、その一部の無料オファーに返信できるだけだが、オプションを選択し月額5千円支払うと、すべてのオファーメールに返信でき、企業が掲載している求人案件を検索して応募することができる。

 

ただし、職務経歴書を入力した場合には、オプションを30日間無料で適用してくれる。現在キャンペーン期間中とのことで、ボクは90日間無料となった。

 

求人を検索してみると、確かに玉石混淆ではあるものの、大手有名企業などの案件も登録されていた。これから時間をかけて検討していきたいと思うが、今まで見てきた求人案件の中ではもっとも質は高いようだ。

 

登録が終わり、昼メシを食べて家に戻ってきたら、登録から30分も経っていないのにヘッドハンターからオファーメールが届いていた。経歴に興味を持ったので早速会って話をしないかとのこと。これからゆっくりやり取りをしながら会うべき人物か判断していきたいと思う。

 

しかし、昨日、今日と職務経歴書を作ってみたが、キャリアというのは文字にしてみると、実際よりも何倍もよく見える。モノは書きようということだろうか。