IVYおじさん日記

40代後半でメーカーを退職したIVY大好きオジサンの、転職活動なんかを中心にした日々の気づいたことを書いていきます。

CAMP小道具インプ(2)

明日から2~3週間の予定で南の方をクルマでテントを担いで回ってくる予定だ。またとない機会なので、色抜きを兼ねて司馬さん小説のゆかりの場所を見てこようと思う。それもあって最近少々道具も更新した。今日は簡単にそのご紹介。

 

キャプテンスタッグ大型収納トートバックM

一見何の変哲もないナイロン製のトートバック。ただし、容量が75ℓと大きく、しかも千円ちょっとという値段。このコスパには圧倒され、アマゾンで見つけた瞬間にクリックしてしまった。

www.amazon.co.jp

というのも、先日snow peakのITG(アイアングリルテーブル)を買ったのだが、これに収納ケースがついておらず、天板やグリルなとも一緒にしまえる大きなトートバックを探していたのだ。

 

このITGフレームは600×500と結構な大きさで、ふつうのネットショッピングなどで売られているトートバックでは到底入らない。snow peakやコールマンなどでは、汎用のトートバックを出しているのだが、5千円から1万円とただの入れ物に払う価格帯ではないのである。

f:id:VAN415:20160513173141j:plain

最初からキャンプ用品のカテゴリーはあきらめていて、カバンメーカーから出ているモノを探していたのだが、まったく合うサイズがなかった。なかばあきらめて別のキャンプ用品をながめていた時に、見つけたのである。

 

内容量はご覧のとおり。ITGのフレームを筆頭に、脚、天板、グリル、焚火テーブル、ランタン、ホワイトガソリン4ℓ缶、食器ケース、GAS燃料缶とこれだけのものがすっぽり入ってしまう。小物をこのバックに入れてクルマに積めば、散乱しないだけでなく、きれいに積めて一石二鳥、それでこの値段、本当にいい買い物をした。

f:id:VAN415:20160513173212j:plain

 

エアランタン

太陽電池とLEDランプから構成される、電源不要のランタン。光量からいってテント内用といった感じである。光の強さは、強弱2段階+点滅の3種類にセットできる。通常は空気を抜いてぺったんこの円盤型にしておき、使用する際に浮き輪のように空気を入れて円筒形にする。

f:id:VAN415:20160513173252j:plain

日中8時間太陽の下に置いておき、弱モードで点灯している時間をはかったところ、約4.5時間であった。一晩中テントの中を照らすのは無理だが、寝付くまでの照明としては十分である。

 

で気になる価格であるが、なんと2千円。これはキャンプ用だけではなく、自宅の災害用グッツとしてもおススメの一品だ。

f:id:VAN415:20160513173333j:plain

 

www.amazon.co.jp